仮想記憶
検索

Google

スポンサーリンク

カテゴリー

amazon

月別アーカイブ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
Google,自主制限解除 中国政府の検閲に抵抗


Googleがさっそく中国で検閲解除 中国政府はGoogleのブログを遮断

 Googleが「中国でもう検閲はしない」との決定を発表してから数時間後に、検閲を解除した
1989年の天安門事件で、戦車の前に立ちはだかる男性を写した有名な写真「Tank Man」が、Google.cnで閲覧できるようになっている。
 この写真は中国では禁止されており、Baiduでは検索できない


 中国はGoogleの公式ブログの動きに対抗して国内でGoogle関連のニュースを規制し、Googleの公式ブログを検索できないようにしていると報じられている
 cn.Yahoo.com、Baiduなどの検索サイトで「google.blogspot.com」(Googleの公式ブログ)を検索すると、何も結果が出てこないようになっている。

 Googleはこの検閲問題により、中国から撤退する可能性もあるとしている。

グーグル、中国語版サイトに天安門事件や民主化運動などが検索可能、検閲に対抗

 グーグルと中国当局側の緊張が高まっているが北京にあるグーグル中国法人事務所では従業員に有給休暇を出すと伝えられ厳重な警備がひかれている

 グーグルは06年に中国に進出する際、中国政府の要請を受け入れ、検索表示の自主制限を受け入れてきた。
グーグルの方針転換で中国の反体制派やインターネット活動家からが活気づく可能性があり中国政府は警戒を強めている


 中国共産党がインターネット統制を強化し社会道徳を名目に検閲を続けていたが、Google中国法人のオフィスの正面玄関に次々と花束が届けられ、支持者が集まりだした





グーグル、「中国国内からの同社インフラをターゲットとした極めて巧妙な攻撃」への公式な対応を数週間かけて準備し、その過程で共同創業者であるラリー・ペイジ氏とセルゲイ・ブリン氏が深く関与したことを明らかに(ウォール・ストリート・ジャーナル)

 グーグルは中国からの撤退に踏み切るのか。
検閲とサイバー攻撃への対応をめぐる問題は、創業者や役員を巻き込んだ議論へと発展しており、今後の展開は彼らの判断がカギになりそう。

 グーグルは12日付のブログで、同社が「中国国内からの同社インフラをターゲットとした極めて巧妙な攻撃」への公式な対応を数週間かけて準備し、その過程で共同創業者であるラリー・ペイジ氏セルゲイ・ブリン氏が深く関与したことを明らかに

 この二人にとって、中国は常に厄介な問題であった。
関係筋の話では、ブリン氏はかつて友人とグーグルの同僚に中国で事業を展開する計画を打ち明けた際、ロシアで幼少期を過ごした経験から、政府の検閲に協力することに対して道徳的なジレンマを強く感じるようなったと語った
 ブリン氏は何年にもわたって、「グーグルの良心」としての役割を果たし、「道徳的であれ」というモットーを忠実に守ってきた

 グーグルがサイバー攻撃をどうやって発見したかは不明だが、同社は数週間前から調査を開始している。
グーグルがサイバー攻撃と中国当局との関連を示す証拠の収集を進める一方、同社のエリック・シュミット最高経営責任者(CEO)は、ページ、ブリンの両氏と対応方法の協議に入った


 事情に詳しい筋によると、その話し合いは、グーグルが中国にとどまり、中国の政治体制に従いつつも変えられるところは変えていく努力をすべきか、あるいは中国から撤退するかで衝突し、激しい議論に発展したという。
グーグルのスポークスマンは、この件について三氏はコメントを控えるとしている



 事情筋によると、シュミット氏は、中国の自由化を進めるために中国で事業を展開することは道徳的な意義があるという自身の長年の考えを主張したという。
ブリン氏はその意見に強く反対し、グーグルはすでに十分な手段を尽くしたと述べ、これ以上検索結果の検閲を正当化することはできないと主張した

 この議論の結論がどのようなものになったかは明らかになっていない

だが結果的に三氏はこの種の攻撃について沈黙を守ることは中国側に加担することになると判断し、サイバー攻撃を受けた事実を公表することで合意したという

 さらに三氏は、サイバー攻撃の事実を伝えるブログ記事に、人権に関する文言を加えることにも同意し、「これまでのウェブ上での発言の自由に対する制限なども踏まえて、中国事業を再検討する」との見解を掲載した

 米国にとって重要性を高める一方の中国に反旗を掲げたグーグルに、他の米国企業がどう反応するかが注目される。

 経験豊富な観測筋は、グーグルや米国は、インターネット検閲などの問題で中国を譲歩させることは不可能とみているようだ。


米ヤフー、グーグルのサイバー攻撃批判に賛同
マイクロソフトやヤフー、相次ぎグーグル支持 サイバー攻撃巡り
リスクと利益を天秤 グーグルの中国撤退検討、米企業のジレンマ
グーグルが示した中国撤退の可能性--方針決定を迫られる他のネット企業
中国ユーザー、グーグルに「撤退しないで」の大合唱
検閲問題で中国政府がグーグルに譲歩しない理由とは
グーグルが自主規制を解除?、中国語サイトでタブー画像が検索可に
グーグル問題、米は静観
山谷剛史の「アジアンアイティー」:Googleは撤退し百度はクラックされる──混迷する中国検索サイト事情
Googleを狙った中国のサイバー攻撃、内部に協力者の可能性もグーグルへのサイバー攻撃は「中国の情報活動の一環」、専門家
米グーグル:自主制限を一部解除 中国「検閲」に対抗か
Googleの撤退騒動、中国ネットユーザーの反応は?
Google対Baidu: 戦いの舞台は中国ではない, 世界だ
米グーグルが中国撤退なら百度が躍進-世界最大のインターネット市場
中国のグーグル検索に「天安門事件」登場、オフィスは厳戒
Google、社内システムを精査中―中国では社員全員に休暇を取らせる
中国からGoogleほか30社以上に攻撃:目的はソースコード(WIRED VISION)
Googleなどを狙った大規模攻撃、目的は各企業のソースコードか
Googleに対する標的型攻撃
「グーグルへのハッキング攻撃は重大な懸念」――米国政府が声明を発表
Adobeもサイバー攻撃の標的に、ネットワークに組織的な攻撃か
グーグルがようやくGmailでhttpsの利用をデフォルトに
チャイナ・シンドローム―Google、中国のハッカー攻撃を機にGmailのセキュリティーを引き締める
グーグルが中国のハッカーを逆ハック






関連記事
Yahoo!ポイントやはてなポイントを、ハイチへの義援金にできる
元ヤフー常務の有馬氏、グーグル日本法人の営業統括に
米ヤフー、AP通信の記事掲載で合意間近
米ヤフー、ZimbraをVMwareに売却へ
噂:iPhone 4はMagicMouseみたいなタッチの筐体!?
Googleがハイチ向け特製衛星画像の提供を依頼された
Googleブランド通じず? -「Nexus One」発売1週間でわずか2万台
米グーグル、自社ブランド携帯「Nexus One」発表
Yahoo!ジオシティーズでもホームページ改ざん事例
「Yahoo! 映画」から TOHO シネマズの座席購入が可能に
あなたの知らないYahoo!ファイナンス 担当者が語った大型リニューアルの真相とは
YouTubeが肩入れするVevo、開設直後にMySpace Musicを抜き去る(米国内人気音楽サービスベスト10付き)
NAVER、無料の5Gバイトオンラインストレージ「Nドライブ」
ウィルコムが公的機関による早期再建へ、ソフトバンクなどが出資を検討

テーマ:Google関連 - ジャンル:コンピュータ

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://glowbe.blog4.fc2.com/tb.php/867-4c1dfe5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Googleが中国から撤退も、検閲に加えて人権活動家のGmailアカウントに大規模な攻撃が発覚

天安門事件の「戦車の男」、中国で閲覧可能に グーグルの検閲中止受け プロシューマ・ニュース【2010/03/05 10:23】
▲TOP
おすすめ

最近の記事

RSSフィード

最近のコメント

最近のトラックバック

提携

アフィリエイト 結婚を札幌で探す 千歳で結婚しよう 円山で結婚しよう 結婚式を函館で探す 結婚式のリゾートを北海道で探す

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。